早稲田フューチャーズ

大学主催による初めての国際テニス大会
 早稲田大学創立125周年を記念し、早稲田大学庭球部は今年から男子の国際テニス大会 であるアディダス・早稲田大学フューチャーズ大会を主催いたします。この大会を通じて、出場する選手の皆さん、見に来て頂く観客の皆さん、そして運営に携わるサポーターの皆さんが、少しでも世界のテニス界を身近に感じて頂ければと 願っております。そして、出場選手がこの大会をステップとして、世界のより高いステージで活躍され ることを 期待いたします。 特に、日本の大学生、高校生のプレーヤーが、世界各国のプロテニスプレヤーの胸を借りて、チャレンジして もらいたいと切望しています。

  本大会の運営は早稲田大学庭球部の学生、OBが手作りで行います。大会の会場は西東京市東伏見の大学のテニスコートとなりますが、西東京市および周 辺の地元に根ざし、地域に密着した運営を指向してまいります。 ただ、何分大会の開催は初めての経験であり、運営に不行届きなところがあるかもし れませんが、皆様のご協力を得て、大会を成功させたいと念じております。

フューチャーズ大会とは
 ウィンブルドンやUSオープンといった、グランドスラムトーナメントといわれる世界の4大大会に出場するためには、 世界ランキングのポイントである"ATPポイント"で100位前後に入らなければ、ストレートで本選に入ることはできません。 2006年度の男子世界ランキング300位以内における選手数は女子選手に比べ少ないのが現状です。 その理由として制度面からは、女子の同様の国内大会数が20大会前後であるのに対し、 男子の大会は10大会強を推移していたということもあるかもしれません。

 フューチャーズ大会は、ATPポイントを取ることのできる一番下のレベルの国際大会であり、 2006年においては世界で505大会が開催されました。 そのうちヨーロッパは304大会、北中米58大会、南米60大会、アフリカ25大会、アジア・オセアニアが58大会でした。 アジア・オセアニア地域ではオーストラリアの13大会に次いで、日本は12大会であり、 来年2007年には本大会の新規参入も寄与し、13大会の開催が決定しました。 しかしながら依然として地理的移動による経費負担が少ない上、ポイントを取得する機会の多いヨーロッパの 選手たちと比べ、日本人男子選手の場合は、海外遠征しない限りランキングをあげていくことができません。 よって、多くの日本人男子選手が世界のひのき舞台に立つには、フューチャーズとよばれる国際大会 を日本国内においてなるべく多く開催し、ポイントを獲得する機会を創出する必要性があります。

 今大会では、大学テニスにおいてトップの早稲田大学の選手はもちろん、 日本のトッププレーヤー、そして世界各国から世界を目指す選手が集まってきます。 将来のトッププレーヤーとなる可能性のある、迫力ある選手の試合を間近でご観戦しませんか。 駅前において様々なイベント等も企画しております。 たくさんのみなさまのご来場、応援をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Select Language
 
アディダスジャパン(株)
(株)アテーナホテルズ
大塚製薬(株)
キーコーヒー(株)
(株)ダンロップスポーツ
フレッシュ・デルモンテ・ジャパン(株)
森永製菓(株)
(株)ルネサンス
早稲田スポーツモバイル
早大庭球部フューチャーズ
大会実行委員によるブログ

 

 

 Copyright©2007 WASEDA FUTURES All Rights Reserved.